June 2022
 バックナンバー
 

 「これから どうなるのか?」「どう対処して行けば良いのか?」不安定な状態の儘 不安な気分を持ち続けています

 
 

 毎年 寒い冬の間 家の前にある林に住むリス達の為に ヒマワリの種を軒下に置いています
小鳥達も「お困りだろう」と その食事も用意しています これからヒマワリの種は高騰するのでは と心配になり 多めに買いました

 
 

 二年ほど前から 食事をすることが面倒になり 空腹を感じることも無くなりました
「西洋かぶれ」で西欧の料理ばかりが好きだったのに これらを体が受け付けなくなり 和食しか入らなくなってしまいました 西欧文化の影響を受け続けて生きて来たのに最後は「お茶漬け」に帰ってしまったと実感するのです

 
 

 先日「ホンゼンマイ」の絵を描きました(写真下)
 胞子植物を描くことは殆ど無く 種を落として命を継いで行く植物が殆どです
 胞子植物の歴史は大変古く 恐竜の時代に栄えていたと聞きます めまいがする様な生物の永い時間を空想すると「今」の重さが多少軽くなるように感じます

 
 

 枯れた様に見えていた庭のブドウも遅くなったけれど 芽を出しました

 
 

不二子